光生アルミニューム工業株式会社 光生アルミニューム工業株式会社
 
サイトマップ  
ホーム  > MINDAKOSEI ALUMINUM COMPANY LIMITED
MINDA KOSEI ALUMINUM
プレスリリース
2015年2月26日
光生アルミニューム工業株式会社
光生グループは N.K.ミンダグループとインド北部に第2工場設立の合弁契約締結

 

 

  光生アルミニューム工業株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:神谷徹志、資本金1億9950万 円)傘下の海外統括会社、光生国際貿易投資有限公司(香港)は、インドの自動車部品大手 N.K. ミンダグループ(本社:ハリヤナ州グルガオン市 社長:Nirmal K. Minda )とアルミホイール製造を 行う合弁会社を設立することで合意し、27 日、愛知県豊田市にて合弁契約を締結いたします。
新会社は「ミンダ・コ-セイ・アルミナム」(北工場)で資本金は 6億7200万ルピー(12億4000 万円)。ミンダグループ 70%、光生グループ 30%の出資で、敷地面積は約
28,000m2、工場建屋は約11,400m2。また、新会社の投資額は、2018 年度までに、総額 26億7300万ルピー(49億4500 万円)を計画しております。
新会社では、インドでの現地調達ニーズの高い自動車用アルミホイールを生産し、主にインド 北部の自動車メーカーに供給していきます。今後、工場をハリヤナ州バワール工業団地に建設し、2016 年 4 月から生産を開始する計画です。

  インド北部を中心に生産拠点のあるマルチ・スズキ殿の増産要請もあり、新工場建設にいたりました。

  光生グループは、インドには既にミンダ社と合弁で南部のチェンナイ市に、コーセイ・ミンダ・アルミナム(南工場、光生側 70%出資)が 2012 年 11 月より稼働し、ルノー・日産殿、トヨタ・キルロス カ殿、ホンダ・インディア殿、マルチ・スズキ殿の各社に既に納入しております。南工場にはこれま で13億9300万ルピー(25億7700万円)の投資を行い、既に年産75万本の生産体制が完了し ています。今後、インドの需要増に合わせ年産100万本までの拡張を計画しており、更にアルミ 各種部品の生産も検討しております。
今回ハリヤナ州に建設する新北工場とチェンナイの南工場の生産数を合計すると、2018 年度 には年産200万本を計画しており、インドでのアルミホイール供給シェア50%を目指しております。

  光生グループは、インドに二つ目の工場を建設することで、インドにおけるアルミホイール及びアルミ部品の事業をさらに加速させていく予定です。

 

 

【ミンダインダストリーズリミッティッド社の概要】

会社名 :Minda Industries Limited
代表者 :Nirmal K.Minda
本社住所 :インド共和国ハリヤナ州グルガオン市マネサール ホームページ : http://www.mindagroup.com/
売上げ :590億円 (2013年度)
従業員 :約8,000人 (2014年12月)
生産品目 :自動車用部品(スイッチ、ランプ、ホーン、ブロー成型品、バッテリー、他)

 

 

 


<本件に関するお問い合わせ先>
■ 報道関係者向けお問い合わせ先

光生アルミニューム工業株式会社   総務部 岡本

電話 0565-80-4492


<会社概要>
会社名     :光生アルミニューム工業株式会社

代表者     :代表取締役 神谷徹志
本社所在地  : 愛知県豊田市神池町2の1236番地

ホームページ :http://www.koseijp.co.jp/


                                               以上


 
   
ご利用上の注意 著作権について
 Copyright © KOSEI ALUMINUM Co.,LTD. All Rights Reserved.