光生アルミニューム工業株式会社 光生アルミニューム工業株式会社
 
サイトマップ  

ホーム > 採用情報 > 社員の声

社員の声



若手社員の声
2008年 入社
総務部 広濱珠恵


現在は、ホイールを輸出する際の輸出書類の作成と準備、
海外への支払、ドルの資金繰りなどを担当しており、
私がするメールは殆どが英語でのやり取りになります。
光生は中小企業であるため、業務は多岐にわたりますが
それが大変な事でもあり面白みでもあると思います。
入社1年目から実際に英語を使い海外と関われる仕事が
出来る企業はなかなか他に無いのではないでしょうか。
自分がこだわるポイントが何なのかを絞って就職活動する
と良いと思います。





2008年 入社
KTS(KOSEI TOOLING SERVICE,.CO)

 中村裕輔

現在私は鋳造機やホイール取出機などの光生
で使われている設備の設計・製造を行っている
部門で働いています。
私は主に配線処理の業務を行っています。
自分が携わった設備が徐々に形になっていく
時にとてもやりがいを感じます。
私が光生を選んだ理由は色々あるのですが
決定的だったのが、初年度から新入社員が
海外研修を行える他企業には無い制度に
惹かれました。
今後の目標はタイで得た経験を生かし、
日本国内外問わず活躍できる人材になりたいです。




2007年 入社
TPM課 西野勝博

入社後すぐ中国に赴任し、ラインパトロール(品質管理)、新規製品試作及び製造条件検証等を行い
半年ずつ子会社2社で研修を行いました。
帰国後、現在豊田製作所TPM課自主保全グループにて設備メンテナンス業務を行っています。
自ら設計及び製作した装置を完成させたときにやりがいを感じます。
今後は新規設備の設計及び製作に携わっていけたら良いと思っています。
そして、この仕事はこの人にしか任せられないと言われるようになりたいです。
また合せてPLCプログラム作成マスター及び溶接等の技術向上も目指したいと思います。
この会社を選んだのは、面接の時に他の会社に無い魅力を感じたからです。
トップとの距離が近いことも魅力だと思います。
色々な会社を訪問して見聞を広めてください。





2007年 入社
経統品証部 趙 海明


私は入社後、ロジスティックス管理の業務を経験し、現在グローバル監査室に所属し、海外子会社の業務監査を行っています。
仕事の都合で、国、文化、考えや言葉の違う人と出会うことが自分にとって大変勉強になりました。
採用面接の時に、問題に対して「わかりません」と答えたところ、社長からの「これから勉強すればいい」の一言で入社を決めました。
今の仕事について色々教えられ、自分が成長していると手答えを感じます。私の経験から言えることは素直な自分を受け入れ、本当にやりたい仕事を実現できる会社を選ぶこと。
今後の目標や将来の夢はいろんな知識をもっと豊富にし、仕事が出来て且つ広い視野と広い心を持つ人間になりたいです。・・・難しいと思いますが、まずは目標と夢に向かって一歩ずつ充実した毎日を過ごします。




2006年 入社
総務部 今泉由紀子

海外事業所の統括、サポートが部署の業務です。私の仕事の一つに海外工場で使用する消耗品や金型等の輸出手配があります。
入社前は英語を用い自社製品に関わる仕事をしたいと考えていました。
発送タイミングが生産ラインに、より安く調達する事が利益に、影響します。
直接的ではなくとも、どんな仕事も製品に携わる大切なものだと感じています。
英語での電話やメールには慣れましたが、未熟で反省の毎日です。
業務上の必要性は勿論ですが、外国人スタッフとのやり取りは面白く、円滑で楽しいコミュニケーションの為にも勉強に力が入ります。






2005年 入社
海外業務部 
主任 神谷 圭

入社1年目は中国のKAKとYKAで研修に行っており、日本に帰ってきてからは、現在のグローバル営業部に所属しています。
入社1年目から海外の研修ということで、何もわからない状態で中国に行った為、現地の人や他の日本人スタッフに色々と教えてもらいながら勉強していました。
現地の人とコミュニケーションをとらないといけないので中国語の勉強もしました。
日頃勉強しない人でも海外に行けば必ず必要となる為とてもいい環境だと思います。
現在はグローバル営業部に所属し、素形材の担当をしています。
図面を見ながら見積りを作成したり、御客様の窓口の為情報収集などを行いながら日々の仕事をしています。





2007年 入社
第4製造課 田崎真一郎

私は現在生産技術課に所属し、新規設備の導入や現場で発生する不良の対策等の業務に携わっています。今はまだ分からないことも多く、自分の力不足を痛感する事も多々ありますが、日々自自分の成長につながっているのを感じることが出来、とても充実しています。今後の目標としてはどんな壁にぶつかっても、あきらめず、それを乗り越えていけるだけのスキルを身に付けたいです。また、就職活動に多くの時間を掛けられるのは学生のうちだけだと思います。そのため、自分のやりたい事、目指したいものが何なのかをじっくり考え、それを実現できる会社を見つけ出すことが重要だと思います。




2008年 入社
国内営業部 西川 晃史

オリジナルホイールのデザイン・図面作成・解析業務を行っています。新しいことを覚え・活用し・応用することで自分自身のスキルが高められまた、新しいことにチャレンジしていけることに面白さを感じます。デザインはこれからの標準を築いていくという事です。その為には、モノの価値観、時代の流れ全てに置いて敏感でなくてはなりません。なぜ今までこんなモノがなっかたのだろうか?こんなのは出来ないだろうか?と常に自問自答をし新しいことに挑戦していくことに充実感や達成感を得ます。仕事で辛い、苦痛だ、という捕らえ方ではなくどんなときでも楽しむことが大切だと思います。光生を選んだ理由として、自分の目標にチャレンジでき尚且つ、打ち込むことができると感じたからです。入社して知ることの方が多く、目に見えている、また、知っているものだけが全てではないところに魅力が沸いてきます。学生の皆さんへのアドバイスとしては、自分に素直になり今後何をしたいかを明確化すればよいかと思います。




2005年 入社
新事業本部 技術開発部 主任 桂木陽平


業務経歴:KCC(タイ)研修1年→海外事業部1年→技術開発部2年現在の仕事:新技術・新製品の研究開発光生は若い社員でも重要な仕事を任されることが多いです。なのでプレッシャーを感じることもありますがその反面、仕事のやりがいがあると言えるかもしれません。あと、入社1年目で海外研修に行けるチャンスがあります。私は1年間のタイでの研修でしたが、良い経験になりました。就職活動はその会社に入ることを目標にするのではなくて会社に入ってから何をやりたいのかを目標にしてやると良いと思います。




2003年 入社
経統品証部 主任 大平浩子


光生アルミニューム工業の生産ラインは豊田製作所と福井製作所の2つがあり、日々、良品を出すために現場の方たちが働いております。それを手助けするのが品質保証部です。2008年度になって福井製作所ではじめて、品質保証部が常駐になりました。主な仕事は、ラインで使用されている温度計や記録計の日々の管理、ノギスやキャリパーゲージの登録・校正、検具の登録・校正、ISOに関わる内部監査の遂行。また、光生から出荷された製品のクレームを受け付けたりしています。こういう業務は現場の人達なしでは成り立たない職業なので、現場で働いている方にはいつも感謝しています。だから、これから企業の風当たりが強くなる時期にめいっぱい現場の人達をサポートしていきたいと思います。これを読まれるあなたが就職活動中なら、光生アルミは他企業に負けない、安定した会社だと思います。






2003年 入社
 第2製造課 係長 島川知晴

私は入社以来、鋳造そして加工されたホイールに行う最終仕上げの塗装を行っています。塗装という響きは何だか地味な感じがしますが、例えば車や携帯、服などを選ぶのに欠かせないのが色でとても大切な工程であると思っており、綺麗に仕上げることにやりがいを感じます。それに一般的に簡単そうなイメージがありますがやってみるとなかなか難しい、ゆえに面白い。ありがたいことにアルミホイールは探したり、覗き込んだりしなくても車の外側に装着されているためいつでも見ることが出来ます。なので、遠くに出かけた時などに自分が手にかけたホイールを見かけ、仕上げた時のままの輝きを保っていると何だか嬉しくなります。大事にされてる感、これってなかなかいいもんですよ~。あんまりジロジロ見てたらダメですけどね(笑)。









ご利用上の注意 著作権について
 Copyright © KOSEI ALUMINUM Co.,LTD. All Rights Reserved.